嘘ゲー::cando

0001 | 01 |
2004 | 04 | 05 | 06 |

2004-05-25

[] DIABLOにおける「称号」(PREMIUM ITEM) 16:17

参考資料『DIABLO ART GUIDE BOOK』より。

まず、「称号」には「前に付く称号(PREFIX)」と「後に付く称号(SUFFIX)」とがあります。例えば、「KING'S SWORD OF THE HEAVEN」の場合、「KING'S」がPREFIX・「OF THE HEAVEN」がSUFFIXです(「SWORD」はBASE ITEM)。

PREFIXとSUFFIXには、それ」ぞれ名称によって決まった効果が与えられていますが、効果の度合いによってランクが存在します。例えば、「耐久力アップに関しては、EMERALD>OBSIDIAN>JADE>AMBER>TOPAZと名前を変え、それぞれ修正幅が決まっています。

また、PREFIXとSUFFIXは共に一つずつしか与えられないという決まりがあります。「EMERALD OBSIDIAN SWORD」のようなものは存在しません。システム的・ルール的な制約のほか、「熟語として格好がつく」ことがポイントです。

PREFIXの効果

  • 攻撃力
  • 命中率
  • 攻撃力+命中率
  • MANA最大値
  • 火 or 雷
  • 守備力
  • 耐火
  • 耐電
  • 耐魔
  • 全属性耐久
  • 魔法lv
  • チャージ数

SUFFIXの効果

  • STR
  • DEX
  • VIT
  • MAG
  • 全能力
  • LIFE最大値
  • 追加ダメージ
  • 火 or 雷
  • ITEM耐久力
  • 敵耐久力ダメージ
  • ダメージ減少
  • LIFE or MANA吸収
  • 武器速度
  • よろめき耐久
  • 視界
  • その他特殊効果(敵が逃げる・罠ダメージ半分など)

付記

「火or雷」の属性付加がPREFIX/SUFFIXともにありますが、弓ならSUFFIX/弓以外ならPREFIXと決まっています。ゆえ、すべての効果は重複しません。

rushtetsurushtetsu2004/05/25 18:27確かに「壊れかけた稲妻の鉄パイプ 」だけがスマートなので、この書き方でいきましょう。

candocando2004/05/25 18:50了解です。関係ないですが、DIABLOやりたくなってきましたw

2004-04-29

[] 「zork」に学ぶ 15:11

以下の内容は、PS版「RETURN TO ZORK(リターン・トゥ・ゾーク)」マニュアル巻末にある「フロボジカ大百科辞典」からの転載。巻末と言いつつ、このマニュアルの九割を占めますが…。(海の向こうの)ジョークとネタとハッタリの集大成から成る世界観はとても秀逸なので、いくつか抜粋・転載しておく次第です。版権が現実的に存在する為、これをキーワード化することはしませんし、しないで下さい。ネタのヒントにでも。

って、よく考えたら、まんまキーワードにしてしまうのは駄目としても、使えるネタをちょいと戴く程度だったら全然アリですね。

ゾーク(Zork)
古くからある民間伝承のひとつで、宝物を探していた冒険家が魔術師になるというものである。小説、戯曲、壁画などあらゆる分野で題材として取り上げられている。多くの伝説や神話と同様、ゾークも史実にもとづいた話である。
グルー(The Grue)
世界の暗闇に潜む邪悪で不気味な存在。冒険家や魔術師をとって喰うのが好きという迷惑な性質を持つが、光を非常に恐れる。昼の光の下でグルーを見たものはいない。また地下でもグルーを見たという報告は非常に少ない。グルーを見たことのある者は大抵がすぐ食料と化してしまうか、あるいは恐ろしさに口もきけなくなってしまうのがその理由であろう。
ブロイト(the bloit)
帝国内で最も一般に使われている距離の単位。1ブロイトは王の最も好むペットが一時間に走る距離と規定されている。定義からもわかるように、1ブロイトの実際の長さは、各時代の国王の趣味によって大きく異なっている。特に差が著しかったのはGUE619年にボズボ四世が崩御した後、マンボ二世が即位したときである。ボズボ四世の最愛のペットは風猫だったのに対して、次の国王となったマンボ二世の寵愛を受けていたのは、非常に非常に高齢のカメだったのである。面積の単位は平方ブロイト。
龍(Dragon)
羽が生えた大型の爬虫類。火を吹き、煙をはく。古代社会では頻繁に見られたが、ディムウィット・フラットヘッドが得意のやりすぎ趣味を出して300頭分の龍肉で焼肉パーティーを開こうとしたときから絶滅の危機に瀕している。
時間旅行(Temporal Travel)
数世紀も前から可能であるが、魔術界ではまだ技術が実験段階だとされている。いくつかの政府特別機関が時間旅行の長期的な影響について調査研究を進めている。この原稿が書かれている時点では、時間旅行は魔法関係の会社が発注より先に納品を済ませるため使われている。ゴルマックという呪文で時間旅行ができる。フィーの砂時計を使うと前後両方向に時間旅行ができるが、フィーから外へは出られない。砂時計ではもうひとつ基礎サイコロに関係するものがあるという伝説がある。この砂時計は東の地にある古い城が建てられた頃の時代へと戻れるという。
基礎サイコロ(Cubes of Foundation)
世界の基礎が作られたとき、基本となったエネルギーは17個の小さなサイコロの形におさめられた。世界ができあがると、サイコロは誰にも触れられない場所に隠された。966年に魔術師長老会の代表の邪悪な「影」が、このサイコロを数個手にしてしまい、影は即座に強大な魔力を得た。宇宙を支配しようという野望を抱く彼は、残りのサイコロを世界の各地から捜し出した。影はこれらのサイコロを集めて、その力を一か所に集約して我が物としようとしたのである。長老会の代表はなんとかこれを阻止したが、魔力の根本が破壊されるのを止めることはできなかった。
大いなる虚無(Great Void)
この世界の周囲をとりまいている虚空。ブログモイド教では、世界がこの虚無に落ちてゆかないよう巨大なブログモイドが支えているという。GUE883年にはこの虚空が実は完全には空っぽでなく、この世界の上下にはそれぞれ別の世界があり、それぞれが大きなブログモイドに支えられていることが確認されている。
ブログモイド(Brogmoid)
ずんぐりした動物。まれに3歳児程度の知能を持つことがある。人に慣れると簡単な芸を仕込むことも可能。野生のブログモイドは大きな群れを形成し、岩山で食べられる石ころを探す姿が見られる。このような特殊な食習慣を持つため、人に飼われているブログモイドの方が野生よりずっと長く生きる。GUE4世紀頃に成立したブログモイド教という宗教集団は、巨大なブログモイドが世界が大いなる虚無に落ちてしまわないよう、その肩にこの世を背負っていると信じていた。GUE883年に初代ダンジョンマスターが東の地の洞窟を探検した際この地の底へ達してみると、想像を絶する大きさのブログモイドが実際にいたという話が伝わっている。
22587